冷えとむくみと便秘の関係

皆さん、こんにちは。
一般社団法人 腸&リンパ美人協会です。

多くの女性の悩み『便秘』。

女性の二人に一人は便秘で悩んでいると言われています。

便秘の原因はいろいろありますが、リンパの流れが滞ると便秘を誘発することをご存知ですか?

体の中を流れるリンパは、余分な水分や老廃物を回収して、体から排泄する役割があるのですが、そのリンパの7割は腸に集まっていると言われています。

リンパが滞ることで腸がむくみ、腸のぜん運動がうまく行われず、結果として便秘を誘発してしまいます。 

 そのリンパは、そのほとんどが筋肉を動かすことで流れます。
 皆さん、筋肉を動かしてますか?

デスクワーク中心で座りっぱなしや運動不足だと、筋肉を有効に動かせず、リンパが滞り、足がむくむだけでなく腸もむくむのです。
そして、筋肉を動かさない(運動不足)ことで、血流も悪くなり、血行が悪く、結果として冷えにつながります。

女性の3大悩み
『冷え・むくみ・便秘』この3つは切り離せない関係と言えます。
すなわち、冷えやむくみのある人は、便秘になりやすいと言えます。

とは言え、なかなかジムに通ったり、運動する機会を作るのも大変な方も多いはず・・・。

そこでオススメしたいのは、寝る前の腸&リンパ美人®︎呼吸&セルフ腸マッサージです。
寝る前でなくても、ちょっと時間ができたらぜひやってみてください。 

腸&リンパ美人®︎呼吸&セルフ腸マッサージ

  1. 仰向けになり、足を伸ばして寝転ぶ
  2. 重ねた両手をおへその真上に置いて、腹式呼吸をする
    ※ゆっくり大きく鼻から息を吸って、大きくお腹を膨らませ、フーと吐きながらお腹をぺちゃんこにする。(10回くらい繰り返す)
  3. ゆっくり呼吸しながら、おへそのまわりを円を描くように、時計まわりに両手でマッサージする。(10回くらい)
  4. だんだんその円を大きくして肋骨や骨盤の辺りまでマッサージする。
    (10回くらい)
マッサージボールを使って行うとより効果的です。

腹式呼吸を行うことで、横隔膜が上下し、お腹に集まっているリンパの流れが促進されます。
また、セルフマッサージを行うことで、腸を含め内臓が温まり血行がよくなります。
そして、腸をマッサージすることで腸のぜん動運動が促され、腸の働きがよくなります。

セルフ腸マッサージは、手で行っていただいてOKですが、さらに効果を上げるためにテニスボールなどを使うのもオススメです。

腸&リンパ美人協会では協会オリジナルマッサージボール美毬でマッサージすることをオススメしています。

女性の手の中にすっぽり入る可愛い
セルフマッサージボール
https://cho-rinpabijin.jp/marin/

腸&リンパ美人®︎呼吸とセルフ腸マッサージで、冷たくて硬い腸から、柔らかくて温かい腸を手に入れてくださいね。

一般社団法人 腸&リンパ美人協会
https://cho-rinpabijin.jp/

関連記事

  1. コロナに打ち勝つための免疫力①

  2. 睡眠の質と腸内環境

  3. ダイエットと腸内環境

Top