腸&リンパ美人®エクササイズ誕生ヒストリー

協会代表、私 HIROKOは、1989年よりエアロビクスインストラクターとして、活動を開始しました。踊ることが大好き!そんな私が、音楽に合わせて体を動かすことを仕事にできるなんてと、最初はそんな自分中心の気持ちでレッスンをしていました。

 しかし、レッスンを通してたくさんのお客様から「楽しかった!」「痩せたよ!」「先生に会いに来た〜」など、ありがたいお言葉を頂くうちに、レッスンを通して、もっとたくさんの人を笑顔にしたい!健康にしたい!を思うようになりました。
 そのためには、エアロビクスだけでなく、もっといろんなエクササイズが指導できるようにならなくては!と思い、アクアビクス・マタニティビクス・キッズダンス・シニアエクササイズ・ピラティス・バランスボール・パーソナルトレーニングなど、老若男女問わずあらゆる方々に指導ができるように、様々なエクササイズを学び、指導してきました。
 また、フィットネスインストラクターという仕事の素晴らしさを伝えたい!とインストラクターの育成にも携わり、現在までに100名を超えるインストラクターを育ててきました。
 この仕事が大好きで、夢中でレッスンしてきました。
プライベートでは、1児の母となり、ママインストラクターとして、育児と家事と仕事をこなし、負けず嫌いの私は全て頑張りたい!と無我夢中で取り組んできました。

しかし、そんな気持ちとは裏腹に仕事を続けていく中、体調不良・度重なる入院。とうとう心まで病んでいきました。
 そして、4年前(2016年)に大病を患い、仕事を中断し、療養を強いられました。治療のために飲む薬の副作用を抑えるために薬をまた飲む・・・。そんな毎日の繰り返し。
ふっと、このままで良いのか?と疑問を持ち、徹底的に腸内環境を整える食生活にしました。
すると、副作用から解放され、心も穏やかになっていきました。ここで、改めて食の大切さを痛感しました。
そして、なぜ、こんなに頑張ってきたのに?インストラクターで体を鍛えているのに、私は病気ばかりするんだろう?と自分の今までを振り返りました。

 結婚して子供が生まれると、女性は、一番は子供・家族・そして仕事。
どんなに眠くても、疲れててもまずは子供のこと。
自分が病気になったのも、自分自身を大切にしなかったからではないか?
 世の中の女性・特に私と同じように仕事を持って子育てしている女性も、私と同じように自分の事は後回しになっていて、体調を崩しているのでないか?と思いました。

そこで、私は決めました!!

これからのフィットネス人生は、そんな女性を応援するため力を注ぎたいと。

 まずは、女性の8割が感じている冷え・むくみ・・・これを改善できるエクササイズを作ろう!
以前から学んで資格も取得していたリンパマッサージ。療養中に、更に学びに行ったリンパマッサージのセミナーの講師をしていた方とタッグを組んで、セルフリンパマッサージエクササイズを考案し1日講習会を企画しました。
開催した半年間の間に16名の認定インストラクターが誕生しました。その当時の私は、腸内環境を改善する食生活でみるみる体が良くなって行ったことを気に、もっと腸について深く学びたい!と思っていました。
 療養中の身で時間に余裕があった私は、大阪や名古屋など、あちこち飛び回り、様々なセミナーに参加し、また通信教育でも学び出しました。
 冷え・むくみと同様、女性の2人に1人が悩んでいる便秘。
 それは、私が食を見直し学んだ「腸内環境」と深く関わっていること、そして、リンパが滞ることで、腸がむくみ便秘を誘発すること・・・。
 リンパと腸はつながっている!!冷えや・むくみで悩んでいる女性は、きっと便秘でも悩んでいるのではないか?
 この2つは切り離せない!!と・・・。
 腸は私たちの健康を左右する免疫細胞の70%を作り、またリンパの大きな役割は免疫機能です。
 健康な身体はリンパがスムーズに流れ腸内環境が良いこと!!これがすごく大切であることに行き着きました。
 その両方にアプローチできるエクササイズを考案し、このエクササイズを通して悩める女性を健康に、そして笑顔にしたい!と切実に思い、今までの知識・スキル・経験を生かし、「腸&リンパ美人®︎エクササイズ」を完成させました。
 また、現代社会の問題となっている「認知症」「うつ病」も腸内環境と深く関わっています。
 このエクササイズが、女性のみならず、シニアの方・ストレスを抱える働き盛りの男性にも、受けていただきたいと、この想いに賛同し、一緒にエクササイズを広めてくれるインストラクターとともに、現在、奮闘しています。

Top