オプティマムファスティングとモリンガ酵素ファスティングの違いを比較!

ファスティングをご存じですか?
ファスティング(fasting)とは、英語のfast=断食する、絶食をするをもとにした「断食」「絶食」を意味する言葉です

固形物を食べることを一定期間休止することで胃腸を休ませ体調を整えるのがファスティングです。

古くから、僧侶などの精神修行のひとつとして、また病気の治療として行われてきましたが、現代では体調管理や体に溜まった老廃物のデトックス、腸活を目的に実施する人も増えています。

最も一般的な酵素ドリンクを使ってのファスティングは,タンパク質が足らずに筋肉が減ってしまい、太りやすい体になるリスク、また、ドリンクに生きた酵素が含まれていなかったり、
血糖値が安定せず体調不良に陥ってしまうなどの様々なデメリットがあります。

そこで今注目を集めているのは,

筋肉のもととなるタンパク質を摂りながら行うファスティング法です。

代表的なものとして
オプティマムファスティングモリンガ酵素ファスティングがあります。
では、この2つのファスティング法についてそれぞれの特徴、どんな人にそのファスティング法が向いているのか,そして、両者の違いについて見ていきます。

目次

オプティマムファスティング5つの特徴

オプティマムファスティングとは
発酵食品の米麹甘酒と無調整豆乳、ホエイプロテインを混ぜた手作りのファスティングドリンクで行う断食法。
それでは、ここからオプティマムファスティングの特徴を見ていきましょう。

筋肉量をキープしながら脂肪だけ落とせる

今ブームになっている酵素ドリンクによるファスティング法。
この酵素ドリンクは体のエネルギー源となる糖質がメインの飲み物です。
酵素ドリンクを使ったファスティング法では、
糖質はしっかり摂ることができますが、私たちの体を構成するタンパク質が不足してしまうんです。

オプティマムファスティングは、ホエイプロテインを使ってファスティングドリンクを作ります。
筋肉の材料になるタンパク質をプロテインで補いながら行うファスティング法であるため
筋肉の量をキープしながらも、体脂肪を減らすことができるのです。

空腹感を感じにくい

酵素ドリンクは果物や野菜などを大量の砂糖に漬け込んで発酵させて作ります。
そのために非常に糖質が高いものが多いです。
ファスティング中の空腹時に飲むことで 血液中の糖の割合、つまり血糖値が急上昇します。
そして、上がりすぎた血糖値を下げるために、
すい臓からインスリンが大量に分泌され、それによって血糖値が急下降するのです。
この血糖値の乱高下を、血糖値スパイクと呼びます。
血糖値が急下降すると強い空腹感を感じやすくなり
ファスティング中のストレスの要因の一つになり得るのです。

オプティマムファスティングは 砂糖を使っていない米麹の甘酒を使うことで、 自然な甘みの糖質を適度に補うことができ、血糖値の乱高下を防ぐことができます。
そのため、空腹を感じにくいのが特徴です。

消化機能を高めて代謝力アップ

固形物を食べることを休止するため 消化器官を最大限に休めることができます。
消化に使うエネルギーが抑えられるため
その分エネルギー代謝が活発になり、体脂肪が分解されエネルギーとして使われやすくなるのです。

腸内環境を整える(善玉菌・オリゴ糖)

ファスティング中に飲む手作りのドリンクには 発酵食品の米麹甘酒に含まれる善玉菌オリゴ糖
豆乳に含まれる大豆オリゴ糖を摂ることができるため
ファスティングしながらも腸内環境を整える事ができるのです。

4日間という短い期間で行える

準備期から回復期まで4日間という短い期間で行うファスティング法であるので
忙しい方でもライフスタイルに取り入れやすいのが このプログラムの特徴です。
予定がある日でも、マイボトルにファスティングドリンクを入れて 持参すれば実践可能です。

オプティマムファスティングがおすすめな人

オプティマムファスティングがおすすめな人は、

  • 忙しくてあれこれ用意する時間がない人
  • 運動は苦手だけど体脂肪は落としたい人

以下、詳しく解説していきます。

忙しくてあれこれ用意する時間のない人

オプティマムファスティングに必要な 無調整豆乳、米麹甘酒、ホエイプロテインは
スーパーやドラッグストアで手軽に調達することができます。
購入した材料を入れて全て混ぜるだけでファスティングドリンクも完成するので
忙しくてあれこれ用意する時間はないけれど、筋肉は落とさずにファスティングしたい人におすすめです。

運動は苦手だけど体脂肪は落としたい人

オプティマムファスティングは タンパク質を摂りながら
筋肉量をキープしつつも体脂肪を落とすファスティング法です。
運動は苦手だけれど体脂肪を落としたい人におすすめです。

モリンガ酵素ファスティングの5つの特徴

モリンガ酵素ファスティングは、オプティマムファスティングと同様に プロテインでタンパク質を補いながら行うファスティング法です。 つまり、こちらのファスティング法も 筋肉を落とすことなく、
体脂肪だけ落とすことができます。
また、消化エネルギーを抑えられ、代謝力が高まるのも共通の特徴です。

それでは、ここからはオプティマムファスティングとは異なる
モリンガ酵素ファスティングならではの特徴を見ていきましょう。

スーパーフード”モリンガ”から栄養補給

「モリンガ」をご存知ですか?
フィリピンなどの亜熱帯地方で生息する植物で 地球上でもっとも栄養価の高い植物と言われています。

ビタミン、ミネラルをたっぷりと含み 不溶性と水溶性の食物繊維を両方含み、その割合は腸によいといわれる黄金比の2:1の割合で含まれています。
また、体内で合成することができない必須アミノ酸9種類や 人間が必要とするすべての栄養素90種類以上を含むスーパーフードです。
水とモリンガがあれば、人間は生きられる!とも言われるほど栄養豊富な植物です。

ファスティング中にこのモリンガを摂ることで
体に必要な栄養を補いながら、腸内の善玉菌のエサとなる食物繊維も摂ることができるのです。

モリンガの栄養価の高さは、他の食べ物と比較するとよくわかります。
例えば、 女性が不足しがちな鉄分は、ケールの約8倍! 食物繊維の、野菜でトップクラスの含有量を誇るごぼうの5倍! 浮腫みを解消してくれるカリウムは、バナナの15倍! カルシウムは牛乳の20倍!タンパク質は牛乳の10倍!

運動中の筋肉のエネルギー源となる 必須アミノ酸(バリン、ロイシン、イソロイシン=まとめてBCAAと呼ばれる)も含まれます。

無添加モリンガソイプロテイン

モリンガ酵素ファスティングでは 無添加のモリンガソイプロテインを使用します。

この原材料は 大豆たんぱく(遺伝子組み換えでない)、甜菜糖(遺伝子組み換えでない)、 オーガニックモリンガパウダーのみ。
一般的なプロテインに含まれることの多い 人工甘味料、保存料、着色料、乳化剤(レシチン)、酸化防止剤などの 添加物は一切使用されていない完全無添加のプロテインです。

ドラッグストアで売られているプロテインのほとんどには、これらの添加物が使用されています。
添加物が含まれるプロテインを使用したファスティングでは、腸をきれいにするどころか、逆に腸内環境の乱れを招いてしまいます。

栄養価が高く、善玉菌のエサになる食物繊維が豊富なモリンガパウダー
・消化されずに腸まで届き、善玉菌のエサとなるオリゴ糖を含んだ甜菜糖
・筋肉の素となるタンパク質のソイプロテイン
・腸内環境を乱す食品添加物は含まれない

このように、モリンガソイプロテインには腸内環境を整える要素がたっぷりと凝縮されています。

モリンガソイプロテインを ファスティングに取り入れることによって
腸を細胞から生まれ変わらせ、よりよい腸内環境を作ることができるのです。

モリンガソイプロテインが必要な理由はこちらの記事で詳しく解説しています。

安心安全な手作りの無添加ファスティングドリンク

市販の酵素ドリンクや、ファスティング用のジュースなどには
食品添加物などが含まれるものも多くあります。
この食品添加物は、私たちの腸内環境を乱れさせる大きな要因のひとつ。

モリンガ酵素ファスティングは 原材料にこだわった安心安全の手作りのファスティングドリンクです。

砂糖を使わずに水と玄米麹で作った玄米甘麹、無添加のモリンガソイプロテイン、無調整豆乳、水、
これだけで ファスティングドリンクを作ります。
腸内環境を乱す要因となる食品添加物は一切含まれていません。

腸内環境(食物繊維、善玉菌、オリゴ糖)

モリンガ酵素ファスティングのファスティングドリンクには 以下の要素が含まれます。

①発酵食品である玄米甘麹に含まれる善玉菌
②玄米甘麹やモリンガパウダーの食物繊維
③玄米甘麹や豆乳やモリンガソイプロテインに含まれるオリゴ糖

これらが腸内細菌のバランス(善玉菌、日和見菌、悪玉菌)を整え 腸内環境を良くしてくれます。

ファスティングドリンクの腹持ちがよい

モリンガ酵素ファスティングを実践したお客様の多くが お腹が空かなくて、
楽にストレスなくファスティングやりきることができた!! と驚かれます。
確かに、モリンガ酵素ファスティングのドリンクは腹持ちがいいんです!

その1つ目の理由は、ソイプロテインを使用していること
ソイプロテインは、体に吸収されるまでに時間がかかるため腹持ちがよいのです。
それに対して、オプティマムファスティングは、ホエイプロテインを使用します。
ホエイプロテインはソイプロテインに比べて 吸収が早いため、腹持ちは劣ります。

そして、2つ目の理由は血糖値の乱高下、つまり血糖値スパイクが起きにくいということです。
血糖値が急激に下がることで、強い空腹を感じやすくなりますが、
ファスティングドリンクに豊富く含まれる玄米麹やモリンガの食物繊維が
血糖値の急上昇・急下降を防ぎ 空腹感を感じにくく、
ファスティングのストレスを少なく抑えることができるの
です。

モリンガ酵素ファスティングがおすすめな人

食生活を改善したい方

モリンガ酵素ファスティングでは 準備期から回復期まで最大で10日間のプログラムです。
準備期:体や内臓をファスティングに向けて整える期間(2日間)
断食期:ファスティングドリンクを1日3回(3日間)
回復期:徐々に通常の食事へと戻していく期間(2-5日間)
準備食や回復食を通じて 栄養バランスの取れた適量の食事へと改善することができます。

また、準備食から回復食まで食事を整え、その効果を体感することで
体は食べたものから作られることを再認識し
体に良いものを取り入れていこう!と食事への意識も高まります。

便秘を改善したい方

モリンガ酵素ファスティングでは ファスティングサポートのひとつとして
セルフ腸マッサージをお伝えします。

ファスティングが終わっても、このセルフ腸マッサージを行うことで
便秘の改善に役立てていただくことができます。

オプティマムファスティングとモリンガ酵素ファスティングの決定的な違いと比較

プロテインを使用し、タンパク質を補う。 発酵食品の甘酒や玄米甘麹で、適度な糖質や善玉菌・オリゴ糖をとる。
これらはどちらのファスティング法にも共通して言えることでした。
では、両者の決定的な違いはどこにあるのでしょうか?

食物繊維の量

まず大きな違いのひとつ目は
ファスティングドリンクに含まれる食物繊維の量です。


オプティマムファスティングに比べると モリンガや、玄米甘麹の食物繊維が含まれる
モリンガ酵素ファスティングのドリンクは圧倒的に食物繊維の量が多いです。
つまり、善玉菌のエサが多く含まれるため、腸内環境の改善により効果的と言えます。

ビタミンミネラルの栄養素

そして、ふたつ目の大きな違い。これはビタミンやミネラルの栄養素です。

飲む点滴、と言われるほど栄養価が高い米麹の甘酒。 この米麹甘酒を使うオプティマムファスティングは 非常に栄養価が高いドリンクで行うファスティング法と言えます。

モリンガ酵素ファスティングで使う 玄米麹から作った甘麹も、同じく飲む点滴と言われるほどの栄養価があります。
ここに、人間が必要な栄養素を全て含むモリンガが加わることで さらに栄養価の高いファスティングドリンクとなります。
モリンガには 糖質や脂質、タンパク質の代謝に必要なビタミンB群が豊富なため 体に摂り入れた栄養素を効果的にエネルギーに変えることができるのです。

たった2gでこれだけの栄養価が摂れます。

まとめ

オプティマムファスティング、モリンガ酵素ファスティング
どちらも筋肉をキープしながら体脂肪だけ落とす効果的なファスティングと言えます。

ファスティングの目的によって、または、ご自身のライフスタイルに無理なく取り入れられるファスティング法を選んで体の中からキレイにデトックスし、インナーケアのひとつとして
ファスティングを生活に取り入れることで体の内側から健康な状態を作り、継続していくことができます。

※モリンガ酵素ファスティングは、全国の『モリンは酵素ファスティングエキスパート』が指導しています。
お問い合わせはこちらからhttps://cho-rinpabijin.jp/contact/

よかったらシェアをお願いいたします
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

three × 1 =

目次